April 22, 2012

復活

スキー

御岳Ciaoスキー場へ出掛けました。

背後は御岳山です。

乗鞍岳に向かって滑ります。

宿から見た乗鞍岳はまだ冬です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 30, 2012

土筆

ツクシ

昨日散策していたらツクシがアチコチに生えていた。

見ると採りたくなるねー。 採集するというのは本能的喜びがあるのかも。

僅かだけど、一口食べてチョット酒を飲むと春を迎えた喜びが湧いてくる。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 27, 2012

ブログ再開

山に咲き出した花

長らく冬眠していましたがヤット目をさましました。
山へ出掛けるともうイロンナ花がイッパイです。

石切り場にはコショウノキがさいて香りがイッパイ

里山はヒサカキの花で甘い香りがイッパイ

谷間ではアブラチャンがイッパイ
でも、街の桜はまだ大分先らしいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2011

法師蝉

ツクツクボウシ

法師せみとして秋の季語になっている蝉ですが、
最近は7月の初めから鳴いていますね。
ダンダン鳴きだすのがはやくなったような。
検索したらコンナ記事が出てきた。
http://www.big.ous.ac.jp/system/jyuken/newspaper/news012.html

鳴き声はわたしには(つくずくおしーい)ときこえます。
遠慮しながらクーラーを使った暑い夏だったけどねー。

今鳴いているのは殆どこの蝉だけになったからねー。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 19, 2011

夏水仙

ナツズイセン

里山の道の脇に咲いていました、長年同じところを歩いているのに
今まで気が付かなかった。

中国原産で有史以前に中国から持ち込まれたのだろうと言われていますね。
墓とか住居跡でしか見たことが無い、種が無く自然には広がらないのでしょう。

今日のオマケは青い赤蜻蛉です。
ナニワトンボの雄です。 ホボ瀬戸内特産らしいね。
黒い赤蜻蛉もあるそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2011

世の中イロンナ奴が

セミヤドリガ

ヒグラシが盛んに鳴いていますが、背中の白い蝉が目立ちます。
掲示板仲間にあれは寄生されているセミだと教えてもらいました。

蛾の幼虫を背負っていて終齢幼虫は白いのだ、コレも三匹背負って重そうだ。

背中を見るとモゾモゾ動いていたよ。
ズット食いついている訳でもない様だ。
コレで飛んでいったが落ちないねー。
成虫が見たくなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

姫路市の市花

サギソウ

姫路市の市花です、ダンダン咲いている場所が少なくなりました。
それでもまだかなりの数が咲いています。

もう湿原のある場所が少なくなったからねー。

今年は咲きだすのが遅いような、キツネノカミソリもまだ咲いていません。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2011

青筋揚羽

アオスジアゲハ

昨日は山間部の林道を歩いてきました。

水が林道に流れているとイロンナ蝶が給水していますがナカナ近づけません。
アオスジアゲハだけサービスしてくれました。

この蝶はよく見かけるが上空を飛ぶのと飛ぶのが早いので普段はナカナカ撮れません。。

オマケはムラサキシジミの雌です。
このときは青に見えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2011

青斑玉虫

アオマダラタマムシ

近所の里山できらりと輝く虫を見つけた。

虫好きのNet仲間に聞いて名前を教えてもらった。

名前を聞いて検索して出てきたのは、何と私の作ったページでした。
でも以前見たのとは色も大きさも違う、今回は雄なのでしょう。
http://www.eonet.ne.jp/~tak-echo/kouchuu/aomadara.htm
それにしても思い出せなかったのはチョットしたドジだねー。

オマケはミヤマクワガタ、注意して歩くと近所の里山も結構楽しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2011

国蝶だよ

オオムラサキ

近所の里山の樹液の漏れる木(昆虫酒場)にイロンナ蝶や甲虫が、

チョット変わった蝶だなーと翅を開くのを待ちました。

一瞬、開いてくれました、オオムラサキの雄でした。
黄色の部分が薄い関西型でした。
でもこの蝶を見たのは初めてのような、ラッキー!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

«蝶蜻蛉